【エアジャパン】バンコク⇎成田便 初搭乗記 ✈

【パタヤ】生活関連情報
Air Japan HPより

エアジャパン バンコク ⇎ 成田便 フライトレビュー

今年2月に成田⇎バンコク便が就航したエアジャパン。

今回初めての搭乗となりましたが、色々ありました。

備忘録兼ね搭乗記として記事にしてみました。(2024年3月搭乗時のものです)

フライト

NQ002 BKK 0.15 – NRT 8.10
NQ001 NRT 17.55 – BKK 23.15

料金 : 往復込々でYEN 60,000

バンコク → 成田便

搭乗前チェックイン

搭乗前オンラインチェックインは無く、搭乗4時間前にメールでボーディングパスが送信されてきました。

機内預け入れ荷物が無い場合は、チェックインカウンターに立ち寄る事なく、保安検査場経由搭乗口までとの案内。

送信されてきたメールの抜粋

搭乗日当日チェックインカウンターが開く2時間半前に空港に到着。

紙でボーディングパスを貰っておくのが何かと安心と、エアジャパンカウンターまで出向きましたが長蛇の列。

とても並ぶ気のしない大行列

はっと見、最低1時間待ちは必至。適当な場所で時間潰し、並びなおすか一瞬迷いましたが、この時間帯は出国手続きに時間を要しそう。

ばたばたしたくなかったので、カウンターでチェックインする事なくイミグレへ向かいました。

出国審査カウンターは、今回初めての顔認証機を通して。その影響もあってかほぼ待ち時間無しで出国手続き完了。

機内持ち込み荷物の重量検査

今回は機内持ち込み7キロのみのシンプルコースでの発券でした。

LCC系=重量チェックが厳しいイメージがある事、またエアジャパンは就航間もないので厳しくチェックするのではと、想定していた持参予定品を結構降ろし7キロ以内に収めて準備。

上記の通り、エアジャパンカウンターには寄らずでしたので、搭乗口で検査があるのかと思いましたが、こちらでも検査はありませんでした。

搭乗口でも重量検査なしでした。

成田 → バンコク便

搭乗前チェックイン

こちらもバンコク→成田便時同様、出発4時間程前にメールでボーディングパスを受信。

成田空港には搭乗2時間半程前に到着。

 

往路便も飛行機に預け入れ荷物なく、直接搭乗口へ向かう事可能でしたが、エアジャパンチェックインカウンターへ様子を見に。

こちらはスワンナブームと違いガラガラ。(機内もがらがらかと思いきや、9割方埋まっていました)

チェックインカウンターでは、持ち込み荷物の重量確認をするのか興味あり、カウンターでチェックインしてみましたが、こちらも重量確認は一切なし。

つい最近、系列のLCCピーチ便で来タイした友人曰く、ピーチはこの点厳しく、しっかり追加料金を取られたとぼやいていましたが、エアジャパンはフルサービスとLCCの中間を謳い文句にしており、この点差別化を図っているのかもしれません。

チェックインカウンター・搭乗口にもあったバナー

離陸遅延のハプニング

離陸前、機内で1時間半待たされました↓

定刻通りドアクローズ。その後離陸の順番待ちとの機内アナウンスあり。

ここまでは良くある話ですが、暫くして当局への提出書類に不備あり、離陸許可待ちとのアナウンスあり。

提出書類って何?嫌な予感がしましたが、暫くして搭乗者人数に不一致あり、その確認中とのアナウンスが。

一旦機外へ出されるかもと、覚悟しましたが、その後程無くして離陸。

程なくと言っても離陸まで結局1時間半程機内で缶詰め。バンコクへは定刻より1時間遅れでの到着でした。

サラリーマン時代含め、国際線には相当回数乗っていますが、搭乗人数の不一致でのアナウンスは今回初めて。

エアジャパンは就航日初日に、色々ネット上を賑わせていましたが、就航後、間もない事もあってか、この様な事ちょくちょくあるんだろうなぁ、と思わされる一件でした。

新設のゲートかターミナル奥の奥からの搭乗

機内サービス

エアジャパンのホームページを見る限りは、快適なシートと充実の機内食にスポットを当てている様です。

座席/機内サービスについて | AirJapan
座席、機内サービスについてご案内致します。

・シート
シート幅、座り心地共々上々でした。大きさはZip比、数センチ広め。

エアジャパンHPより

・機内エンタ / Wifi

機内エンタはスマホから視聴可能。機外へのWifi接続は有料。Wifi接続は搭乗時は利用不可でしたが、結構高いなぁが率直なところ。(Zipは無料)

コンテンツはZipとほぼ同様の印象。

映画は以下表示が出て、見れる時と見れない時がありました。

自慢の機内食は折角でしたが特に不要で、オーダーしませんでした。

その他諸々

以下思いつくままにです。

・乗客は行きも帰りもタイ人率8-9割。

・エアジャパンホームページからの発券:
成田発は片道も往復も円建。バンコク発は同様バーツ建てのみでの表示でした。(VPN通して試してみましたが一緒でした)円安が進みつつあるタイミングであった事が原因かもしれませんが、当方発券時は片道3千円程度バーツ建てが割高。ですので面倒でしたが、バンコク→成田と成田→バンコクに分け、片道づづで発券。

最後に

コロナ前のLCC並とは言いませんがもう少し安くなると嬉しいところです。ただ現状ANA便のサーチャージがバンコク⇔東京で4万円程度を考えると頑張って頂いているのかとも思います。

きっとZip airとの競合になるのでしょうが、何はともあれ利用者にとって競合が増える事は喜ばしい限り。

快適なシートだけでそれ以外のサービスは特に不要のコンセプトは、大いに賛同するところでもあり、特に料金面でがんばって頂きたいと思ったフライトでした。

・関連情報

【フィリピン航空 搭乗記】ANA SFCカードでなんと初サクララウンジ♪
フィリピン航空便はバンコク⇔東京が4万円台での情報をよく見かけます。フラッグキャリア便で、預け入れ荷物は30キロまで無料。ネット情報ではANA SFCカードで、マニラと成田のラウンジ利用も可。今回試しに利用。その搭乗機です。
【キャセイ航空 バンコク⇔羽田便 搭乗記】オンライチェックインは搭乗24時間前からでした 
・オンライチェックインは搭乗24時間前からでした ・香港での乗継時の注意事項 先月末一時帰国時のキャセイ便搭乗記です。 3月末での日程が決まったのが2月中旬。出遅れではあったのですが、当時直行便はエアアジア/Zip共に10万円越え...
【ANA】 バンコク⇔羽田便 搭乗記 - Inspiration of Japanなフライトでした♪
全日空便搭乗記 昨年後半からちょくちょく一時帰国する機会が増えたのですが今回は久々ANA便。 ANA便はコロナ禍後初で搭乗前から少しワクワク。 パタヤからの往来含め、備忘録兼ね記事にしてみました。(2023年6月末発7月中旬戻...

・パタヤ生活関連情報

スワンナブーム空港 ⇔ パタヤ間移動 - ワンポイント情報
コロナ規制が緩和され始めた昨年後半より、日本他タイ国外へ移動する機会がぐっと増えてきました。 今回は私自身最近気づいた、空港⇔パタヤ間移動情報を記事にしてみました。 タクシー移動 - Lineで簡単に予約できました 日本からの到着...
【パタヤ配車アプリ - inDrive】大きめの荷物がある折便利です♪
先日少し大き目の荷物がある折Boltで車を手配しましたが、荷物を積め切れない小型車が来てしまいました。 その折親切なドライバーさんに教えて頂いたアプリ「inDrive」を今回記事にしてみました。 料金自体はボルトとほぼ同じであり...
パタヤ生活情報
パタヤにてより充実のロングステイライフを送って頂くために、少しでもお役に立てばうれしい記事一覧です。個人的に納得できたコスパのよいサービス・グルメ関係を中心に、自身の備忘録兼ねローカル情報を発信しています。

・パタヤ不動産関連情報

【2024年版】パタヤ-賃貸物件の探し方・選び方 / 契約時の留意点
今回はパタヤで賃貸物件の探し方、選び方と題し記事にしてみました。普段は物件情報を提供させて頂く立場におりますが、今回は自分自身が物件を探す際、具体的にどう進めて行くのか、またその折の留意点等を交えた内容にしております。
【パタヤ コンドミニアム購入】物件の選び方 - ご自身の居住用途編
今回は賃貸による運用目的ではなく、ご自身の居住用途としての物件の選び方として記事にしてみました。あくまで当サイト目線ではありますが。パタヤでの物件選びの際に少しでも参考にして頂けましたら幸いです。
【パタヤ】新着賃貸物件情報

新着物件情報はこちらから。当サイトでは、より利便性を重視される方々にはセカンドロード沿いの物件を、そしてよりリゾート性を重視される方々にはウォンガマットビーチエリアの物件を中心にご案内中です。ご契約時、またご入居後オーナー様とのやり取りも日本語で対応。もちろん仲介手数料は一切不要です。

【パタヤ】新着販売物件情報

当サイト目線ではありますが、ご検討して頂くに値しそうな新築分譲/中古物件情報をアップしております。賃貸物件同様こちらも販売手数料一切不要。お引渡しまで日本語にてフルサポートさせて頂いております。