【パタヤ】Walking Street からバリハイ桟橋界隈を歩いて – 2021.5

【パタヤ】生活情報

準ロックダウンが続くタイ、そしてパタヤ。

とある5月の黄昏時、ウォーキングストリートを抜けバリハイ埠頭へ、そしてその先の灯台まで歩いてみた。

ウォーキングストリートはこれまでと変わらず閑散としたまま。

ここ最近ビーチロード沿いに、ホームレスの姿が気持ち増えたように見えるのは気になるところ。

引続き閑散とするストリート内

通りの先はバリハイ桟橋

現状ラン島への往来は原則島民のみに限られ、こちらも閑散とする桟橋界隈。

人気のない埠頭構内。

そして桟橋を抜けると大きな広場?

こんなの昔からあった?

桟橋の先

近づいてみると、そこには流行りのスケボーダー達がところ狭しに。

スケートボードの新メッカにでもしようとしているのか。

そしてその先は、整備された、雰囲気良さげな遊歩道が続いており、ついでにその先の灯台方面へも行ってみることに。

整備された遊歩道。こんなのも昔からあった?

灯台自体は味気のない建物であったが、目についたのは秘密基地へでも続いていそうな階段。

そうそう来ることもないであろうと登ってみた。

左手の階段を登ってみた

結構急な階段を4,5分上ると展望台らしきところに行き着いたが、そこはヘリポートであった。

海上遭難時用か?

展望台、ヘリポートからの眺め

一部結構急な階段

階段降り、再び海岸沿い遊歩道を桟橋方面へ。

大分日が落ち、広場は一層ボーダーそして夕涼みの人が増えていた。

ビーチロードでの夕涼み、ウォーキングをする多くはファラン、白人。

一方こちらは、はっと見、ほとんどはタイ人。

気持ちのいい黄昏時、整備された広場、遊歩道を歩き、ここはタイかと感慨深い思いに浸された。

そして広場でくつろぐタイ人を横目に、インバウンド需要頼みのパタヤ経済ではあるものの、その需要に拘らない考え方もあるのではと、改めてパタヤという街のポテンシャルを感じさせられた、とある日の黄昏時でした。

後日ネットで検索したところ、界隈再開発の一部地域のようです。

パタヤ・バリハイ埠頭の未来イメージを公開、巨大観覧車やモノレールも | タイランドハイパーリンクス:Thai Hyper
世界的リゾート・パタヤビーチを有するチョンブリ県パタヤ市は、先日ウォーキングストリートの改修プランを明らかにし

再開発に関しては、賛否両論あるのでしょうが、コロナ禍後、そして5年後、10年後この街はどう変貌していくのか、気になりるところです。

・パタヤ関連情報

いつかはパタヤでロングステー!8つの理由
いつの日かパタヤでロングステーをと目論み中です。実現に向け準備中の段階ではありますが、バンコクでの3年間のロングステー経験を踏まえた上で、何故パタヤに魅かれるのか、8つの理由を纏めてみました。
【パタヤ】おすすめしたい賃貸エリア - セカンドロード沿い編
パタヤ暮らしで、おすすすめは何かと便利なセカンドロード沿いの大型コンド。今回は何故セカンドロード沿いか、賃料、環境面他、様々な角度からまとめてみました。
パタヤ生活情報
充実のパタヤロングステイライフを送って頂くために、少しでもお役に立てばうれしい記事一覧です。個人的に納得できたコスパのよいサービス・グルメ関係を中心にローカル情報を発信しています。